2017年4月27日 (木)

atniftyのダイナミックDNSサービスの更新方法が変更された

@niftyのダイナミックDNSサービスhttp://domain.nifty.com/domain/ddns.htm ですが、4月途中から IP更新方法が内部的に変更されたようです。
見た目は変わらないので、手動で更新してた人は無関係です。スクリプト組んで自動更新してた人がNGです。
@nifty DDNS更新スクリプト さんのスクリプトではうまく動かなくなってしまいましたが、ちょっと追加して、うまく動くようになりました。

$conf_ipaddr の値を変えればよいようです。

----
#my $conf_ipaddr = "DDNS_CHANGE_IP"; # 今後、@nifty DDNSサービスで変更がなければこのままでOK
my $conf_ipaddr = "DDNS_CHANGE_IP=IP%95%CF%8DX%83y%81%5B%83W%82%D6"; # 今後、@nifty DDNSサービスで変更がなければこのままでOK
----

全体としては以下。


----
#!/usr/bin/perl -w
use strict;
use Encode;

#------------------------------------------------------------------------------#
# 2009.09.26 #
# @nifty DDNSサービスのIPアドレス更新を行うスクリプト(niftyddns.pl) #
# #
# このスクリプトには@niftyのユーザIDとパスワードをテキストで埋め込むため、スク #
# リプトファイルのパーミッションモードは0700としておく方が良い。 #
# このスクリプトを定期的に実行するためにクローンに登録する。なお、IPアドレスの #
# 更新が無い場合でも1週間(期間は以下の変数でカスタマイズ可能)に一度は更新処理 #
# をする(スクリプトが自動で判断して実行)。 #
# crontabの例) #
# 0,10,20,30,40,50 * * * * hogehoge /home/hogehoge/bin/niftyddns.pl #
# #
#------------------------------------------------------------------------------#

#------------------------------------------------------------------------------#
# グローバル変数
## ユーザ毎にカスタマイズが必要な変数
my $niftyid = "hogehoge"; # @niftyのユーザID
my $niftypasswd = "mypassword"; # @niftyのパスワード
my $basedir = "/home/pi/niftyddns"; # このスクリプトをインストールするディレクトリ
my $datadir = "$basedir/atniftyddns"; # このスクリプトで使うファイル(IPアドレスの保存ファイル、wgetの出力結果等)を保存するディレクトリ
my $addrfile = "$datadir/prev_ip.txt"; # 前回のIPアドレスを保存するファイル名
my $updatetime = "$datadir/update.txt"; # 前回、IPアドレス更新を実行した時間(time関数値)を保存するファイル名
my $resultfile = "$datadir/result.txt"; # スクリプトの結果(IPアドレスに変更が無かったか、あるいはIPアドレス更新処理をしたか)を記録するファイル名
my $interval = 7; # IPアドレス変更が無い場合でもこの変数で指定された日にち(デフォルト7日)が経過したら更新処理を行う

## カスタマイズ不要な変数
my $atniftyddns = "http://domain.nifty.com/domain/DdnsIpChangeConfirm.do"; # 今後、@nifty DDNSサービスで変更がなければこのままでOK
#my $conf_ipaddr = "DDNS_CHANGE_IP"; # 今後、@nifty DDNSサービスで変更がなければこのままでOK
my $conf_ipaddr = "DDNS_CHANGE_IP=IP%95%CF%8DX%83y%81%5B%83W%82%D6"; # 今後、@nifty DDNSサービスで変更がなければこのままでOK
my $update_ip = "DDNS_UPDATE_IP_ADDRESS"; # 今後、@nifty DDNSサービスで変更がなければこのままでOK
my $wget;
my $current_ip; # 現在のIPアドレス
my $previous_ip; # 前回のIPアドレス
my $change = 1; # 前回のIPアドレスと現在のIPアドレスが一致していない場合、または、初めてこのスクリプトを実行する場合に1にセッ ト
my $updated; # $updatetimeファイルに保存されているIPアドレス更新実行時間
#------------------------------------------------------------------------------#

#------------------------------------------------------------------------------#
# スクリプトで使うファイルの保存ディレクトリが無い場合にディレクトリを作成
if( !-d $datadir ) {
mkdir( $datadir, 0755 ) || die "ディレクトリ生成失敗 : $!";
}
#------------------------------------------------------------------------------#

#------------------------------------------------------------------------------#
# @nifty DDNSのIPアドレス更新ページをwgetでアクセスし、現在のIPアドレスを確認
$wget = `wget --secure-protocol=auto -O - -q $atniftyddns?$conf_ipaddr`;
$wget =~/[0-9]+(\.[0-9]+){3}/;
$current_ip = $&;
#print "Current IP: $current_ip\n";
#------------------------------------------------------------------------------#

#------------------------------------------------------------------------------#
# 前回のIPアドレスと現在のIPアドレスが一致するか比較し、一致していない場合には
# IPアドレスが変更したとして$changeフラグをセット

## 前回のIPアドレスを保存しているファイルが存在している場合は現在のIPアドレスと
## 一致するか確認
if ( -e $addrfile ) {
open( FH, "<$addrfile" );
$previous_ip = ;
#print "Previous IP: $previous_ip\n";
close( FH );
if ( $current_ip eq $previous_ip ) {
$change = 0;
}
else {
unlink $addrfile;
open( FH, ">$addrfile" );
print FH $current_ip;
close( FH );
}
}
## 前回のIPアドレスを保存しているファイルが存在しない場合は現在のIPアドレスを
## 保存
else {
open( FH, ">$addrfile" );
print FH $current_ip;
close( FH );
}
#------------------------------------------------------------------------------#

#------------------------------------------------------------------------------#
# 最終更新時から$intervalで指定した日数経過している場合は、IPアドレスに変更が
# なくても更新処理を実行する($changeフラグをセットする)
if ( -e $updatetime ) {
open( FH, "<$updatetime" );
$updated = ;
close( FH );
if ( $updated <= time - ( $interval * 24 * 3600 ) ) {
$change = 1;
unlink $updatetime;
open( FH, ">$updatetime" );
print FH time;
close FH;
}
}
else {
$change = 1;
open( FH, ">$updatetime" );
print FH time;
close FH;
}
#------------------------------------------------------------------------------#
# $changeフラグがセットしてある場合、IPアドレス更新を実行し、IPアドレス保存ファ
# イルに保存しているIPアドレスを現在のIPアドレスに更新
if ( $change ) {
if ( -e $resultfile ) {
unlink( $resultfile );
}
$wget = `wget --secure-protocol=auto -O - -q --http-user=$niftyid --http-password=$niftypasswd $atniftyddns?$update_ip`;
$wget =~/[0-9]+(\.[0-9]+){3}/;
$current_ip = $&;
my $remain = $';
$remain =~/
/;
$remain = $`;
Encode::from_to($remain, 'shiftjis', 'utf-8');
open( FH, ">$resultfile" );
print FH $current_ip . $remain . "\n";
close( FH );
}
else {
unlink( $resultfile );
open( FH, ">$resultfile" );
print FH "IPアドレス($current_ip)は変更されていません。\n";
close( FH );
}
----

2015年11月17日 (火)

[e-access]最近のイーアクセスが夜21時~翌01時まで遅い

意図的なのか偶然なのかわかりませんけど、今年10月以降のイーアクセスは夜21時から翌01時くらいまでのインターネットアクセスがとっても遅いです。この時間帯のtracerouteで調べると、アクセスポイントのすぐ先で+100msくらい遅延します。

ちなみに21時直前はこんな感じ。

pi@raspberrypi4 ~ $ date
2015年 11月 17日 火曜日 20:59:36 JST
pi@raspberrypi4 ~ $ traceroute www.iij.ad.jp
traceroute to www.iij.ad.jp (202.232.2.164), 30 hops max, 60 byte packets
1 aterm.me (192.168.0.1) 0.490 ms 0.335 ms 0.237 ms
2 218.223.128.1.eo.eaccess.ne.jp (218.223.128.1) 12.062 ms 12.088 ms 12.848 ms
3 218.231.129.41 (218.231.129.41) 14.906 ms 15.848 ms 16.809 ms <--ここに注目
4 211.14.193.161 (211.14.193.161) 17.940 ms 18.787 ms 19.663 ms
5 211.15.42.13 (211.15.42.13) 20.872 ms 211.15.42.89 (211.15.42.89) 21.983 ms 211.15.42.1 (211.15.42.1) 23.114 ms
6 * * *
7 * * *
8 * * *
9 * * *
10 202.232.8.177 (202.232.8.177) 19.412 ms 19.657 ms 21.346 ms
11 tky009bf00.IIJ.Net (58.138.83.109) 22.266 ms tky008bf00.IIJ.Net (58.138.83.101) 24.382 ms tky008bf01.IIJ.Net (58.138.83.105) 25.243 ms
12 tky008bb00.IIJ.Net (58.138.80.50) 26.153 ms tky008bb01.IIJ.Net (58.138.80.246) 26.740 ms 27.971 ms
13 tky008sdgw30.IIJ.Net (58.138.105.122) 28.061 ms tky008sdgw30.IIJ.Net (58.138.105.214) 29.480 ms tky008sdgw30.IIJ.Net (58.138.105.186) 15.629 ms
14 tky008sdgw20a.IIJ.Net (210.138.115.66) 16.311 ms 17.392 ms 17.495 ms
15 tky008sdgw21a.IIJ.Net (210.138.146.213) 16.655 ms 15.256 ms 15.753 ms
16 www.iij.ad.jp (202.232.2.164) 18.120 ms 17.044 ms 15.654 ms
pi@raspberrypi4 ~ $

21時を過ぎると急に30msほど遅延するようになります・・・

pi@raspberrypi4 ~ $ date
2015年 11月 17日 火曜日 21:01:52 JST
pi@raspberrypi4 ~ $ traceroute www.iij.ad.jp
traceroute to www.iij.ad.jp (202.232.2.164), 30 hops max, 60 byte packets
1 aterm.me (192.168.0.1) 0.404 ms 0.298 ms 0.336 ms
2 218.223.128.1.eo.eaccess.ne.jp (218.223.128.1) 11.646 ms 13.150 ms 13.494 ms
3 218.231.129.41 (218.231.129.41) 37.679 ms 38.707 ms 39.577 ms <--ここで+30ms!
4 211.14.193.161 (211.14.193.161) 40.237 ms 41.093 ms 42.268 ms
5 211.15.42.1 (211.15.42.1) 43.425 ms 211.15.42.57 (211.15.42.57) 44.859 ms 211.15.42.89 (211.15.42.89) 45.244 ms
6 * * *
7 * * *
8 * * *
9 * * *
10 202.232.8.177 (202.232.8.177) 34.215 ms 34.456 ms 35.885 ms
11 tky001bf00.IIJ.Net (58.138.83.93) 36.864 ms tky009bf01.IIJ.Net (58.138.83.113) 38.470 ms tky001bf01.IIJ.Net (58.138.83.97) 39.815 ms
12 tky008bb01.IIJ.Net (58.138.85.166) 41.465 ms tky008bb00.IIJ.Net (58.138.80.70) 42.859 ms tky008bb01.IIJ.Net (58.138.80.234) 43.556 ms
13 tky008sdgw30.IIJ.Net (58.138.105.186) 43.593 ms tky008sdgw30.IIJ.Net (58.138.105.210) 43.750 ms 30.990 ms
14 tky008sdgw20a.IIJ.Net (210.138.115.66) 31.957 ms 31.962 ms 31.848 ms
15 tky008sdgw21a.IIJ.Net (210.138.146.213) 30.989 ms 29.487 ms 29.365 ms
16 www.iij.ad.jp (202.232.2.164) 31.260 ms 32.063 ms 29.199 ms
pi@raspberrypi4 ~ $

21:30を過ぎると、うわー。やばい。

pi@raspberrypi4 ~ $ date
2015年 11月 17日 火曜日 21:45:45 JST
pi@raspberrypi4 ~ $ traceroute www.iij.ad.jp
traceroute to www.iij.ad.jp (202.232.2.164), 30 hops max, 60 byte packets
1 aterm.me (192.168.0.1) 0.391 ms 0.302 ms 0.325 ms
2 218.223.128.1.eo.eaccess.ne.jp (218.223.128.1) 12.334 ms 12.374 ms 14.620 ms
3 218.231.129.41 (218.231.129.41) 70.967 ms 71.734 ms 71.850 ms
4 211.14.193.161 (211.14.193.161) 73.793 ms 74.378 ms 75.035 ms
5 211.15.42.13 (211.15.42.13) 77.710 ms 211.15.42.1 (211.15.42.1) 78.557 ms 211.15.42.13 (211.15.42.13) 79.233 ms
6 * * *
7 * * *
8 * * *
9 * * *
10 202.232.8.177 (202.232.8.177) 70.019 ms 71.055 ms 71.966 ms
11 tky009bf00.IIJ.Net (58.138.83.109) 73.380 ms tky008bf00.IIJ.Net (58.138.83.101) 75.256 ms tky009bf01.IIJ.Net (58.138.83.113) 74.940 ms
12 tky008bb00.IIJ.Net (58.138.80.70) 78.053 ms tky008bb01.IIJ.Net (58.138.80.246) 78.043 ms tky008bb00.IIJ.Net (58.138.80.70) 79.350 ms
13 tky008sdgw30.IIJ.Net (58.138.105.186) 79.401 ms tky008sdgw30.IIJ.Net (58.138.105.198) 79.800 ms tky008sdgw30.IIJ.Net (58.138.105.122) 66.418 ms
14 tky008sdgw20a.IIJ.Net (210.138.115.66) 66.663 ms 67.859 ms 67.039 ms
15 tky008sdgw21a.IIJ.Net (210.138.146.213) 67.364 ms 66.394 ms 67.542 ms
16 www.iij.ad.jp (202.232.2.164) 68.862 ms 70.694 ms 69.499 ms
pi@raspberrypi4 ~ $

22時直後。あー。もうだめですね。

pi@raspberrypi4 ~ $ date
2015年 11月 17日 火曜日 22:03:05 JST
pi@raspberrypi4 ~ $ traceroute www.iij.ad.jp
traceroute to www.iij.ad.jp (202.232.2.164), 30 hops max, 60 byte packets
1 aterm.me (192.168.0.1) 0.422 ms 0.273 ms 0.227 ms
2 218.223.128.1.eo.eaccess.ne.jp (218.223.128.1) 12.450 ms 12.291 ms 12.935 ms
3 218.231.129.41 (218.231.129.41) 102.899 ms 104.349 ms 104.508 ms
4 211.14.193.161 (211.14.193.161) 106.446 ms 108.487 ms 108.641 ms
5 211.15.42.57 (211.15.42.57) 109.267 ms 211.15.42.1 (211.15.42.1) 109.404 ms 110.064 ms
6 * * *
7 * * *
8 * * *
9 * * *
10 202.232.8.177 (202.232.8.177) 113.472 ms 113.731 ms 115.389 ms
11 tky009bf00.IIJ.Net (58.138.83.109) 116.268 ms tky008bf01.IIJ.Net (58.138.83.105) 118.145 ms tky008bf00.IIJ.Net (58.138.83.101) 119.345 ms
12 tky008bb00.IIJ.Net (58.138.80.50) 120.666 ms tky008bb00.IIJ.Net (58.138.80.70) 121.588 ms tky008bb01.IIJ.Net (58.138.85.170) 121.641 ms
13 tky008sdgw30.IIJ.Net (58.138.105.122) 122.861 ms tky008sdgw30.IIJ.Net (58.138.105.186) 123.788 ms tky008sdgw30.IIJ.Net (58.138.105.210) 107.864 ms
14 tky008sdgw20a.IIJ.Net (210.138.115.66) 110.069 ms 110.742 ms 109.612 ms
15 tky008sdgw21a.IIJ.Net (210.138.146.213) 110.191 ms 108.425 ms 108.406 ms
16 www.iij.ad.jp (202.232.2.164) 110.030 ms 109.927 ms 107.528 ms
pi@raspberrypi4 ~ $

毎日同じ時間帯で同じように遅延が入るので、イーアクセスが何か調整しているのではないかと勘ぐってみたり。なぜなら、逆に100ms以上は遅延しませんし。

この現象、10月くらいからなんですよ。
詳しくはまた次回で。

2015年1月 3日 (土)

最近のNEC ATERMシリーズはDNSキャッシュしない、らしい

先日NEC AtermWG1400HPを購入した。
数年前のモデル;WR6670Sからのリプレースからだったので快適になるかとおもいきや、
ブラウザのステータスバーに「……の名前解決しています」が頻繁に表示されるようになった。

DNSBenchMarkをかけたところ
Cachedで69msと、全くキャッシュが効いていない模様。
WR6670Sでは1~2msだったので、リプレース前より30倍も遅い。
Dnsbench_wg1400hp

調べたところ、ATERMのDNSフォワーダ機能にはキャッシュが実装されていないようだ。

HomeGatewayにまつわるDNS話あれこれ
https://www.nic.ad.jp/ja/materials/iw/2010/proceedings/d2/iw2010-d2-06.pdf

P.13 現時点の見解
DNS Proxy Implementation Guideline (RFC5625) 的には、Transparent が大原則なので、不完全なCache 実装を増やすよりもCache しない方が望ましい。

ということらしい。
キャッシュを持たせてもHit率が15%程度なので効果薄い、との判断か。
ただ2010年のデータであるし、2015年の今はどうだろう。
最近のAndroidは大量のDNS問い合わせを吐く。
(ほとんどが広告&トラッキングサイトのような気がする)
それが何台もある。

DNSキャッシュサーバを建てようと思った。

と思ったら、WG1400HPのDHCPではDNSを指定できないみたい??
DHCPサーバも建てないと駄目か?

@nifty/e-AccessのDNSが変わっていた

@nifty/e-Accessで振り出されるDNSが変わっていることに気づいた。
いつから変わっていたのかわからない・・・

以前
202.248.37.74 dns.nifty.com.
202.248.20.133 dns5.nifty.com.

現在
211.14.194.250 ns1.eaccess.ne.jp.
211.14.194.254 ns2.eaccess.ne.jp.

IPv6がひけなくなっている模様。
名前解決は若干速くなったように見える。

nifty DNS
$ dig -t AAAA www.nifty.com @202.248.37.74
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 1, ADDITIONAL: 2
;; ANSWER SECTION:
www.nifty.com. 8 IN AAAA 2001:258:8602:351:202:248:175:20d
;; Query time: 23 msec

eaccess DNS
$ dig -t AAAA www.nifty.com @211.14.194.250
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 0, AUTHORITY: 2, ADDITIONAL: 2
;; Query time: 19 msec

2014年2月23日 (日)

dhcpstatusでIPアドレスリース状況を確認する(dhcpstatusのCPU100%対策)

RaspberryPiはDHCPサーバを兼ねているので、dhcpstatusを使ってそのIPアドレスリース状況をwebで見られるようにしています。こんな感じで便利。

Dhcpstatus_web

最初、Wheezy-Raspbianに含まれる isc-dhcp-server 4.2.2.dfsg.1-5+deb70u6ではうまく動きませんでした。dhcpstatusがループし、CPU使用率100%となってしまいます。dhcpd.leasesに新しいserver-duidエントリが増えていて、dhcpstatusがこれに対応できないようです。こうなるとkillするしかありませんので、dhcpstatusにちょっと手を加えています。

この対応を含めて手順を残しておきます。
※isc-dhcp-serverとapacheはインストール済みとします。

■ダウンロード
cd
wget http://prdownloads.sourceforge.net/dhcpstatus/dhcpstatus_0.60.tar.gz

■解凍
tar xfvz dhcpstatus_0.60.tar.gz

■ライブラリを解凍
sudo mkdir /usr/local/dhcpstatus
cd /usr/local/dhcpstatus
sudo tar -xvf ~/dhcpstatus_0.60/libraries.tar

■ファイルの確認
ls -l /usr/local/dhcpstatus/dhcpstatus/*.pm
ls -l /usr/local/dhcpstatus/dhcpstatus.ini

■リースファイルその他の場所指定
sudo vi dhcpstatus.ini
----
#conf_file=/etc/dhcpd.conf
conf_file=/etc/dhcp/dhcpd.conf
----
#leases_file=/etc/dhcpd.leases
leases_file=/var/lib/dhcp/dhcpd.leases
----
show_whole_subnet=1
----

■WEBサーバ用のディレクトリ作成とCGIの配布
sudo mkdir /var/www/dhcpstatus
sudo cp -p ~/dhcpstatus_0.60/scripts/dhcpstatus.cgi /var/www/dhcpstatus

CLI実行用のファイルも配布する場合はここも
sudo cp -p ~/dhcpstatus_0.60/scripts/dhcpstatus /usr/local/bin
vi /usr/local/bin/dhcpstatus
----
#!/usr/bin/perl -w
----

■dhpcd.leasesにserver-duidのエントリがあるとループしてしまうことがあるトラブル回避。
sudo vi dhcpstatus_subnet.pm
44行目あたり。太字部分を追加
----
sub get_active_lease_ips {
my %lease_ips;
LEASE:
while (@_) {

if ($_[0] eq "server-duid") { # ignore server-duid statement.(2013/09/26)
while (shift ne ";") {}
next LEASE;
}

if ($_[0] ne "lease") { # ignore anything that isn't a lease.
while (shift ne "}") {}
next LEASE;
}
shift; # move past the "lease" keyword.
my $ip = shift; # get the ip address of the lease.
shift; # move past the opening brace.
LEASE_PARM:
while ($_[0] ne "}") {
----

sudo vi dhcpstatus.pm
159行目あたり。太字部分を追加
----
sub get_active_leases {
use dhcpstatus::Lease;
my $ip_min = shift;
my $ip_max = shift;

my $num_min = &ip2num($ip_min); # numbers are easier to do arithmetic on
my $num_max = &ip2num($ip_max); # than IP addresses.
my %lease;
LEASE:
while (@_) {
if ($_[0] eq "server-duid") { # ignore server-duid statement
while (shift ne ";") {}
next LEASE;
}

if ($_[0] ne "lease") { # ignore anything that isn't a lease.
while (shift ne "}") {}
next LEASE;
}
shift; # keyword "lease".
my $ip = shift;
----

■HTTPの設定
sudo vi /etc/apache2/conf.d/dhcpstatus.conf
----
Alias /dhcpstatus/ /var/www/dhcpstatus/
<Directory /var/www/dhcpstatus/>
DirectoryIndex dhcpstatus.cgi
AllowOverride None
Options ExecCGI
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>
----

■Apacheのcgiハンドラ有効化
sudo vi /etc/apache2/mods-available/mime.conf
----
AddHandler cgi-script .cgi
----

■apacheのリロード
sudo service apache2 reload

■ブラウザからアクセス
http://127.0.0.1/dhcpstatus/

■参考にしたページ
DHCPStatus
DHCPstatus - UNIXサーバメモメモ - FC2

IIJのDNSはやっぱり速かった

RaspberryPiにunboundを入れて自宅DNSキャッシュサーバとして運用しています。
フォワーダとして各社DNSを設定して、クエリー時間(unbound-control statsのhistogram値)を比較してみました。
それぞれ1週間ほど運用して集計しています。
山が左にあるほど高性能(短時間で処理できている)です。
なおDNSSECは有効です。(unbound.confに module-config: "iterator"の記述無し)

IIJ: 210.130.1.1,210.130.0.1


Unbound_histogram_iij
速い。大半のクエリを64ms未満で処理し、かつ安定している。(山が急峻)

@nifty: 202.248.37.74,202.248.20.133


Unbound_histogram_nifty
IIJに較べると山が右に寄っている。かつ山がなだらか(ちょっと性能がばらついているか?)

google dns: 8.8.8.8,8.8.4.4


Unbound_histogram_google
IIJとniftyの中間くらいか。ユニークな結果。山の形はやや広いが、たまにすごく速いときがある。

(参考)フォワーダ無し(ROOT):


Unbound_histogram_root
RaspberryPiにはちょっと荷が重いようです。

あくまでDNSSEC有効で、という条件ですが、さすがというかIIJが面目を保った印象。
もっともIIJは2013/12/2でオープンリゾルバ提供を辞めてしまいましたので、追試はできませんが。

なお、@niftyもDNSSEC無しで運用すればIIJと同じくらいの性能が出ます。(集計してないけど)

2014年2月22日 (土)

ATERM WR6670Sのコンデンサ交換

使い初めて6年を超えたので特に不具合出ていないがATERM WR6670Sの電解コンデンサを交換してみた。
Wr6670s_

交換前のコンデンサ:
TAICON PW 470uF 25V 105℃ x2
TAICON PW 100uF 25V 105℃ x2
TAICON PW 22uF 25V 105℃ x1

TAICON社のWEBで見ると「低インピーダンス品・105℃ 2000~5000時間」となっているので、結構いいやつと思われる。
ケースが薄いので高さ12mm以下でないとケースが閉まらない。ということで以下を選んだ。

交換後:
Rubycon MCZ 680uF 16V 105℃ x2 \53x2
東信工業 UTWRZ 100uF 25V 105℃ x2 \21x2
東信工業 UTWRZ 22uF 50V 105℃ x1 \16
計 \164(千石にて)

交換して1週間経ったが、特に問題なく動いている。
取り外したTAICONの容量とESRを計ってみた。

交換前


容量uF(1kHz)ESRΩ(1kHz)
TAICOM 470uF#14650.234
TAICOM 470uF#24580.235
TAICOM 100uF#189.960.276
TAICOM 100uF#290.500.258
TAICOM 22uF16.9430.168

ちなみに交換につかった日本製コンデンサはどうかというと

容量uF(1kHz)ESRΩ(1kHz)
MCZ 680uF#16150.087
MCZ 680uF#26130.091
UTWRZ 100uF#188.540.211
UTWRZ 100uF#290.250.211
UTWRZ 22uF20.300.156

測定は1kHzなので若干低めに出ているが100Hzで計ればほぼ公称容量に近い。
特にTAICONに劣化は無いように見える・・・というか、新品と匹敵している。6年連続稼働してこの性能を維持していることに驚いた。すごい。これなら10年くらい使えたのかもしれない。

まあ予防保守と考えることにします。

2013年4月 9日 (火)

EXEMODE MRT-10でWillcom AX530Sを使う(2)

コメントでご要望いただきましたので説明します。

Willcomの通信カードを使う場合、「個別セットアップ」が必要です。

僕は「基本設定」-「IP設定」で以下のように設定しました。それ以外は特に設定する必要はありませんでした。

項目設定例備考
ローカルIPアドレス192.168.1.1
APN空白空白のままにします
PIN Code空白空白のままにします
PDP TypePPP
接続番号[アクセスポイントの電話番号]
ユーザ名[プロバイダ接続ユーザ名]
パスワード[パスワード]
認証プロトコルautoお好みで
CID空白空白のままにします
プライマリDNSサーバー空白省略するとプロバイダのDNS
セカンダリDNSサーバー空白省略するとプロバイダのDNS
接続の制御自動再接続(always-on)お好みで
Keep Alive無効お好みで

Mrt10__ip_2


なお、「クイックセットアップ」ですと、途中の「WAN」画面で先へ進めなくなります。「APN」を入れないと先へ進めず、逆に「APN」を入れてしまうと接続できなくなるため、手詰まりとなってしまいます。

Mrt10_

それでは皆様のご健闘をお祈りします。

2013年3月12日 (火)

EXEMODE MRT-10はTEW-655BR3Gのファームウェアでアップデートできるか

Edimax TEW-655BR3Gから入手できるFirmware: V1.09b7でアップデートを試してみましたが、結論から言うとできませんでした。

不正なアップグレードファイルです。
(エラーコード:-151)
再起動中です...

となってしまいます。

画面イメージ:
Mrt10_tew655br3g

今日はここまで。

2013年3月10日 (日)

PLANEXからCQW-MRBファームウェアのソースコードが届きました。

PLANEXがCQW-MRBファームウェアのソースコードをくれることになりましたということで期待しておりましたところ、メール便でCD-ROMが送られてきました。

今回対応いただけたことは大変ありがたいことではありますが、残念ながら中身はEdimaxの3G-6210n3G-6218nのページからダウンロードできるものと同じでした。(厳密にはコンパイルシェルに修正が入っていたりするが、ほとんど同じ)

そういうわけで期待していた、モデムコントロールのプログラム(modemctl)についてはソースプログラムを入手することは難しいようです。

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ