« CQW-MRB2: NS001U+RX420IN対応ファーム | トップページ | PLANEXがCQW-MRBファームウェアのソースコードをくれることになりました »

2013年3月 2日 (土)

EXEMODE MRT-10でWillcom AX530Sを使う(1)

WIMAXの新機種「WM3800R」「Uload Aero」「Mobile Slim」が出揃いましたね。
すでに実用性よりも趣味(ちまたのモバイルルータでWillcomデータカードを動かしたい!)だけになりつつあります。

CQW-MRB/MRB2を売っているところがほとんど無くなりました。ということでEXEMODEのMRT-10を買いました。だいたい1200円くらいで入手できる激安ワイヤレスルータです。売っているところが比較的多く、入手しやすいと思います。私もあきばおーで800円台で売っているやつがあったのでつい買ってしまいました。今日は素の状態で使ってみます。

CQW-MRBとMRT-10の大きさ比較

ノギスで計ってみました。単位はmm。
CQW-MRB102x69x17
MRT-10103x76x22
ホームページの仕様書の記載値(101x76x20)よりはちょっと大きいです。CQW-MRBとMRT-10を並べて見ました。 Mrt10_
写真ではよくわかりませんが、実際に並べたり握ったりしてみると、一回りくらい大きな印象です。ポーチのポケットとかに入れる場合、+5mmの厚さが結構気になります。このあたりはCQW-MRBが優秀でした。

Willcomデータカードを使う

AX530Sが使えました。NS001U+RX420INは使えませんでした。
WillcomデータカードSII AX530SNetindex NS001U+RX420IN
MRT-10OKNG

バッテリーの持ち

これから検証です。公称2時間とのことですが、消費電力の大きいAX530ですのでちょっと心配です。

使い勝手について

電源ONから20秒強で接続完了します。これはかなり快適です。 電池はNP-120(1700mHA)が付属していました。CQW-MRBと同じです。個人的には電池の種類が増えなくて良かったです。

その他

なぜか時計(RTC)が内蔵されているようです。ネットに繋いでいない状況でもログに日付が記録されます。内蔵時計は電池を消費するのでモバイルには不利ではないかと思うのですが、今時の時計機能はそんなこと気にならないほど低消費電力ってことでしょうか。

AX530Sでの接続ログ

*******************************
Sat, 02 Mar 2013 07:49:27 +0900
*******************************

Mar 2 07:47:17 O3G/hotplug: 3G modem VendorID=0619 ProductID=0204
Mar 2 07:47:22 O3G/hotplug: link device node (/dev/ttyXXXooo) to /dev/modem
Mar 2 07:47:26 udhcpd[1444]: udhcpd (v0.9.9-pre) started
Mar 2 07:47:26 udhcpd[1444]: Unable to open /var/run/udhcpd.leases for reading
Mar 2 07:47:27 init: Starting pid 1482, console /dev/ttyS1: '/bin/ash'
Mar 2 07:47:27 commander: STOP LOCAL_WANTYPE_3G
Mar 2 07:47:32 commander: START LOCAL_WANTYPE_3G
Mar 2 07:47:32 O3G/PPP_OPTION: PPP_OPTION:0
Mar 2 07:47:32 O3G/PPP_OPTION: create file
Mar 2 07:47:34 pppd[1704]: pppd 2.4.4 started by root, uid 0
Mar 2 07:47:34 chat[1708]: abort on (BUSY)
Mar 2 07:47:34 chat[1708]: abort on (NO CARRIER)
Mar 2 07:47:34 chat[1708]: abort on (ERROR)
Mar 2 07:47:34 chat[1708]: timeout set to 10 seconds
Mar 2 07:47:34 chat[1708]: send (AT^M)
Mar 2 07:47:34 chat[1708]: expect (OK)
Mar 2 07:47:34 chat[1708]: AT^M^M
Mar 2 07:47:34 chat[1708]: OK
Mar 2 07:47:34 chat[1708]: -- got it
Mar 2 07:47:34 chat[1708]: send (ATD0570570776##64^M)
Mar 2 07:47:34 chat[1708]: expect (CONNECT)
Mar 2 07:47:34 chat[1708]: ^M
Mar 2 07:47:36 chat[1708]: ATD0570570776##64^M^M
Mar 2 07:47:36 chat[1708]: CONNECT
Mar 2 07:47:36 chat[1708]: -- got it
Mar 2 07:47:36 chat[1708]: send (^M)
Mar 2 07:47:36 pppd[1704]: Serial connection established.
Mar 2 07:47:36 pppd[1704]: using channel 1
Mar 2 07:47:36 pppd[1704]: Using interface ppp0
Mar 2 07:47:36 pppd[1704]: Connect: ppp0 <--> /dev/modem
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: sent [LCP ConfReq id=0x1 ]
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: rcvd [LCP ConfRej id=0x1 ]
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: sent [LCP ConfReq id=0x2 ]
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: rcvd [LCP ConfReq id=0x1 ]
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: sent [LCP ConfAck id=0x1 ]
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: rcvd [LCP ConfAck id=0x2 ]
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: rcvd [CHAP Challenge id=0x1 <1605f43161fe2487f797775ce229e4bc>, name = "xxxxxxxxxx"]
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: sent [CHAP Response id=0x1 <39e9d8a2ab72115ab7ad546527cf92a3>, name = "xxxxxxxxxx"]
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: rcvd [CHAP Success id=0x1 ""]
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: CHAP authentication succeeded
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: CHAP authentication succeeded
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: sent [IPCP ConfReq id=0x1 ]
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: rcvd [IPCP ConfReq id=0x1 ]
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: sent [IPCP ConfAck id=0x1 ]
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: rcvd [IPCP ConfRej id=0x1 ]
Mar 2 07:47:37 pppd[1704]: sent [IPCP ConfReq id=0x2 ]
Mar 2 07:47:38 pppd[1704]: rcvd [IPCP ConfNak id=0x2 ]
Mar 2 07:47:38 pppd[1704]: sent [IPCP ConfReq id=0x3 ]
Mar 2 07:47:38 pppd[1704]: rcvd [IPCP ConfAck id=0x3 ]
Mar 2 07:47:38 pppd[1704]: local IP address 210.130.xxx.xxx
Mar 2 07:47:38 pppd[1704]: remote IP address 210.130.xxx.xxx
Mar 2 07:47:38 pppd[1704]: primary DNS address 210.130.1.1
Mar 2 07:47:38 pppd[1704]: secondary DNS address 210.130.0.1
Mar 2 07:47:38 pppd[1704]: Script /etc/ppp/ip-up started (pid 1798)
Mar 2 07:47:38 udhcpd[1446]: sending OFFER of 192.168.1.2
Mar 2 07:47:38 pppd[1704]: Script /etc/ppp/ip-up finished (pid 1798), status = 0x0
Mar 2 07:47:38 udhcpd[1446]: sending ACK to 192.168.1.2
Mar 2 07:47:40 commander: handle_snmp: snmp_enable = 0
Mar 2 07:47:42 commander: handle_ftp_alg: unload FTP ALG modules
Mar 2 07:47:42 commander: handle_ftp_alg: load FTP ALG modules
Mar 2 07:48:15 commander: sync-date success.


« CQW-MRB2: NS001U+RX420IN対応ファーム | トップページ | PLANEXがCQW-MRBファームウェアのソースコードをくれることになりました »

コメント

MRT-10でAX530Sが使えるのですね.どのように設定すれば,出来るのでしょうか.是非とも,お教えいただきたくコメントいたしました.

コメントありがとうございます。こちらにフォローアップ記事を書きました。参考になれば幸いです。なお僕の使っているプロバイダはIIJ4uです。

さっそく,(2)で情報をのせていただき,すぐに,試してみたいと思います.
詳細に書いていただいているので,よくわかります.
感謝申し上げます.ありがとうございます.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143173/56869432

この記事へのトラックバック一覧です: EXEMODE MRT-10でWillcom AX530Sを使う(1):

« CQW-MRB2: NS001U+RX420IN対応ファーム | トップページ | PLANEXがCQW-MRBファームウェアのソースコードをくれることになりました »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ