« CQW-MRB2: ファームウェア改造手順メモ | トップページ | CQW-MRB2: NS001U+RX420IN対応ファーム »

2013年1月23日 (水)

CQW-MRB2: ファーム更新失敗と復旧

CQW-MRB2のファームウェア更新で失敗して起動しなくなり、ものすごく焦りました。なんとか復旧できたので手順を記録しておきます。

こんな感じでブートしなくなりました。

Booting...
========== SPI =============
Reboot Result from Watchdog Timeout!

---RealTek(RTL8196C)at 2010.12.24-10:19+0800 version v1.1f [16bit](390MHz)
Jump to image start=0x80500000...
decompressing kernel:
Uncompressing Linux...LZMA: Decoding error = 1
done decompressing kernel.
start address: 0x80003630

参考にしたページ:RTL819x オープンソースファームウェア
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_rtl819x/releases/

ここからrtl819x-SDK-v3.2.3.tar.gz をダウンロードして解凍します。沢山のファイルが出来ますが、その中にINSTALL.txtというファイルがあり、それにLAN経由でファームウェアをアップロードする方法が書いてあります。

INSTALL.TXT

- Use a RS232 cable to connect COM port between a LINUX PC and EV board.
- Connect LINUX PC Ethernet port to the LAN port of EV board. Set PC IP
address to 192.168.1.x (e.g., type 'ifconfig eth0 192.168.1.1').
- Start a COM port console (e.g., minicom), and set COM port setting to
38400, 8N1 and no flow control.
- Power on EV board, and press 'ESC' key in COM port console to escape the
booting process. If ok, you may see "<RealTek>" prompt in the console.
- Start a TFTP client in LINUX PC, and connect to 192.168.1.6. Set file
type to binary mode to TFTP server of EV board, put root.bin if gw
platform to TFTP server, and put root image file(rtl819x/image/root.bin) to TFTP server,
then put the webpages image file and linux image files to TFTP server.
After linux.bin file upload had finished, boot code will auto booting.
- NOTE:you can do the same thing on Windos PC.

では、さっそく。

まず、PC側を固定IPアドレス:192.168.1.1に設定し、CQW-MRB2のLANポートとPCを接続します。

次にコンソールを接続してターミナルを起動し、電源ONと同時にESCを押します。すると<Realtek>のプロンプトが現れます。

========== SPI =============

---RealTek(RTL8196C)at 2010.12.24-10:19+0800 version v1.1f [16bit](390MHz)
Set 8196C PHY Patch OK

---Ethernet init Okay!
<RealTek>

これでCQW-MRB2側の準備OKです。PCのtftpクライアントを起動し、PCIのオリジナルファームであるcqwmrb2_v1.02.binを指定して、192.168.1.6へPUTします。

Cqwmrb2_tftp


コンソールにメッセージが表示されていきます。これでアップロードの状況がわかります。結構時間がかかります。

**TFTP Client Upload, File Name: cqw-mrb2_v1.02.bin
-
**TFTP Client Upload File Size = 46D002 Bytes at 80500000

Success!
<RealTek>
Linux kernel (root-fs) upgrade.
checksum Ok !
burn Addr =0x10000! srcAddr=0x80500000 len =0x46d002
..............................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
Flash Write Successed!
<RealTek>
reboot.......

Booting...

無事、治りました。

時間が出来たら、オープンソースのファームウェアも入れてみようと思います。

« CQW-MRB2: ファームウェア改造手順メモ | トップページ | CQW-MRB2: NS001U+RX420IN対応ファーム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143173/56602621

この記事へのトラックバック一覧です: CQW-MRB2: ファーム更新失敗と復旧:

« CQW-MRB2: ファームウェア改造手順メモ | トップページ | CQW-MRB2: NS001U+RX420IN対応ファーム »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ