« CQW-MRB ファームウェアからrootfsを取り出す | トップページ | GlusterFS on Raspberry Pi »

2012年12月26日 (水)

NFS server on Raspberry Pi

以前はいろいろ難しかったようですが、2012-12-16-wheezy-raspbian では実に簡単にNFSサーバを起動することができました。まあちょっといまいちなところもあります(後述)。update-rc.dのコマンドの使い方を間違えていました。fedora/redhat系と違いすぎてよくわかりません。。。

今回は3.2.27+というバージョンらしいです。

# uname -a
Linux raspberrypi 3.2.27+ #250 PREEMPT Thu Oct 18 19:03:02 BST 2012 armv6l GNU/Linux

パッケージのインストール
rpcbind,nfs-commonは最初からインストール済みのようなので、nfs-kernel-serverのみインストールでOK。


# sudo apt-get install nfs-kernel-server

exports設定

# sudo vi /etc/exports

例えばこんな感じ:

/home/pi *(rw,no_root_squash,no_subtree_check)

サービス起動

# sudo service rpcbind start
# sudo service nfs-common start (NFSロックを使う場合)
# sudo service nfs-kernel-server start

ポート使用状況を確認してみます。


# rpcinfo -p
program vers proto port service
100000 4 tcp 111 portmapper
100000 3 tcp 111 portmapper
100000 2 tcp 111 portmapper
100000 4 udp 111 portmapper
100000 3 udp 111 portmapper
100000 2 udp 111 portmapper
100003 2 tcp 2049 nfs
100003 3 tcp 2049 nfs
100003 4 tcp 2049 nfs
100227 2 tcp 2049
100227 3 tcp 2049
100003 2 udp 2049 nfs
100003 3 udp 2049 nfs
100003 4 udp 2049 nfs
100227 2 udp 2049
100227 3 udp 2049
100021 1 udp 57628 nlockmgr
100021 3 udp 57628 nlockmgr
100021 4 udp 57628 nlockmgr
100021 1 tcp 56270 nlockmgr
100021 3 tcp 56270 nlockmgr
100021 4 tcp 56270 nlockmgr
100005 1 udp 58383 mountd
100005 1 tcp 56807 mountd
100005 2 udp 52747 mountd
100005 2 tcp 51865 mountd
100005 3 udp 40700 mountd
100005 3 tcp 44042 mountd
100024 1 udp 47390 status (nfs-common起動時のみ)
100024 1 tcp 53536 status (nfs-common起動時のみ)

クライアントからマウントする

# mount -t nfs raspberrypi:/home/pi /mnt/test
# df -Ph
raspberrypi:/home/pi 15G 1.5G 13G 11% /mnt/test

OS起動時に自動起動する
自動起動にしたいのですが、update-rc.d rpcbind start ...がうまく行かないので、/etc/rc.localに記述してみました。出来ました。

# sudo update-rc.d rpcbind enable
# sudo update-rc.d nfs-common enable
# sudo update-rc.d nfs-kernel-server enable

以下のメッセージが出て/etc/rcd.2以下にはrpcbindのシンボリックリンクが貼られませんが、(なぜか)問題無くnfsでexportできます。runlevelは間違いなく2なのですが。

update-rc.d: using dependency based boot sequencing
insserv: warning: current start runlevel(s) (3 4 5 S) of script `rpcbind' overrides LSB defaults (2 3 4 5 S).

2012/12/29 更新 自動起動手順を追加

« CQW-MRB ファームウェアからrootfsを取り出す | トップページ | GlusterFS on Raspberry Pi »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143173/56395668

この記事へのトラックバック一覧です: NFS server on Raspberry Pi:

« CQW-MRB ファームウェアからrootfsを取り出す | トップページ | GlusterFS on Raspberry Pi »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ