« 2008年10月 | トップページ | 2009年2月 »

2008年11月26日 (水)

KENWOOD KT-727(7) 上級機に迫る?

KT727の検波段以降の回路構成は、同時期のKENWOODの上級機とよく似ています。DCCが省略されていたり、オペアンプが4558だったり、と上級機と差別化されていますが、素性は悪くないと思います。今回はこの回路構成を活かしてグレードアップを図ってみます。ま、要するに、部品交換だけ、ってことですね。

電源基板

部品No変更前変更後用途
IC1AN6552NJM4580誤差検知アンプ電源は重要ですから・・・
C92200uF/25V3300uF/35V+13V平滑コンデンサ
IC101000uF/35V1500uF/35V-13V平滑コンデンサ
C4330uF/50V470uF/50V+24V平滑コンデンサ

チューナー基板

部品No変更前変更後用途
IC1NJM4560NJM4580検波出力LPFDBMからの信号を受ける部分であり、性能に直結する(はず)
IC9AN6556NJM4580バッファ
IC10AN6556NJM458038kHzバッファ38kHzはリニアMPX動作に使用するので低歪でなければ・・・
IC14NJM4560NJM4580リニアMPXステレオ動作の心臓部
IC15NJM4558NJM4580オーディオバッファ
C46,4733uF/16V47uF/25V+0.1uF/50VIC1パスコン
C76,7722uF/16V(BP)22uF/16V(BP)MUSEIC15入力DCカット気分です・・・
C79,804.7uF/16V(BP)22uF/16V(BP)MUSEオーディオ出力DCカットカットオフ10Hz→2Hzに変更
--33uF/25VIC15パスコン
C7047uF/16V100uF/25VHA11223パスコンデータシートでは100uFが指定

併せて、VR8(MPXICのVCO FreeRun)、VR2(検波歪み)の再調整を行いました。
結果、以下のように優秀な性能となりました。

THD+N0.010%上級機に迫ります
チャンネルセパレーション100dB上級機でもあり得ない性能ですbleah

調整用VRが普通の半固定抵抗なので、ちょっとした衝撃で調整ズレしてしまいます。残念ながら、長期間この性能を維持することは難しそうです。

Ic910c4647changekt727_thd_1khz_lc_2

Ic910changekt727_separation_1khz__2

実際に放送を受信してみたところ、いままでの低音のシマリに加え、高音の解像度と繊細感、滑らかさが加わりました。ハープやギターの音色が美しく、フルオケを聴いていても、これらの楽器が鳴るとどきっとします。

スペクトラムをよく見ると38kHzはうまくキャンセルできているようですが、37kHzと39kHzが大きめに残っています。といっても、-60dBくらいですが。38kHz±1kHzですね。IC10からIC14へのR143(15kohm)を見直す必要があるかもしれません。

2008年11月17日 (月)

KENWOOD KT-727(6) MPX部分を観察

KT-727には日立のPLL FM Stereo Demodulator IC;HA11223が使われています。しかしこのICでは復調していません。なんと贅沢にも、このICは19kHzパイロット信号に同期した38kHzのサイン波を作成するためだけに使われます。実際のステレオ復調は、この38kHzサイン波を使って後段のNJM4200(IC12)とNJM4560(IC14)で行われます。この仕組みはリニアMPXと呼ぶそうで、Atelier Audillusionさんのステレオ復調技術に詳しい動作原理の説明があります。

HA11223のデータシートを見るとステレオセパレーションは45dB@1kHzです。このスペックではKENWOODのプライドが許さなかったんでしょうね。なんとも贅沢な使い方です。

他のオペアンプはNJM4558/AN6556なのに、ここ(と初段LPF)にだけNJM4560を使っていると言うことは、ここは性能を要求される部分と考えます。ということはここに21世紀デバイスに換装したら、もっと性能出ちゃったりしない?歪みも減ってセパレーション70dBオーバー?などと根拠の無い期待を持ってNJM4580(20世紀デバイスか・・・)に換装してみます。結果は、微妙な結果となりました。ちょっと良くなっているような、あまり変わっていないような・・・これ、MPXの性能はNJM4200側の性能なのかも知れません。

NJM4580換装後
Ic11415changekt727_thd_1khz_lch_8_2

オリジナルNJM4560
Kt727_thd_1khz_lch_83mhz90dblch

2次高調波が減った分、全高調波歪率が良くなってます(0.038%→0.018%)。セパレーションは約67dBでほとんど変化なし。
とはいえ聴いた印象はずいぶん変わりました。中高音がすっきりと見通しが良くなり解像度が上がった感じがします。フルオケを聴いてみないとわかりませんが、KT-1010にちょっと近づいた気がします。

2008年11月 4日 (火)

KENWOOD T-1001

KENWOODのT-1001を入手しました。

ヤフオクとかでは結構高値(といっても数千円ですが)で取引されているようなので、その人気の秘密を知りたいと思い、買ってみました。入手元はHARD OFF千葉ニュータウン店です。

1995年頃の、K'sのCORE1000システムのFM/AMチューナーで、アルミヘアライン仕上げの薄型でカッコイイ外観とAMステレオ対応が特徴です。ちなみにアンプ(A-1001)とリモコンが無いと放送局のプリセット操作が出来ないです。

上記サイトの定格;

高調波歪率(Wide、1kHz)mono:0.007%
stereo:0.015%
上級機の性能です
SN比(65dBf入力)mono:75dB
stereo:68dB
普及機の性能です
ステレオセパレーション40dB(1kHz)普及機の性能です
というチグハグな性能?も気になります。どれかが記述ミスのような気もします。

さっそく全高調波歪率(THD)とステレオセパレーションを観察してみました。

T1001_thdstereol_83mhz_90db_100

T1001_separationlstereo_83mhz_90db_

THD 0.3%、ステレオセパレーション 35dBってとこですか?3次高調波まで派手に出てますし、さらに19kHz、38kHzが盛大に漏れています。やはり上記サイトの全高調波歪率が記述ミスのようです。性能的にはごく普通の普及機ということになりそうです。

« 2008年10月 | トップページ | 2009年2月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ